20代ヨーロッパ旅行記

ヨーロッパを中心とした海外旅行の日記、Tipsなど

北欧の治安は良いの?悪いの?実際に行って感じたこと

f:id:traveleurope:20170928145949j:plain

2017年9月、北欧(ノルウェースウェーデンデンマーク)に行ってきました。雄大な自然やゆったりとした雰囲気、きれいな街並みを見ることができ、楽しめました。

しかし、海外旅行で怖いのは治安の悪さ。

世界平和度指数ランキング(2017)では、デンマークが5位、ノルウェーが14位、フィンランドが17位、スウェーデンが18位だそうです。日本は10位です。

比較的治安が良いイメージがある北欧、実際はどうなんでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

北欧の前提知識

A29 地球の歩き方 北欧 2017~2018
by カエレバ

税金が高い代わりに社会福祉が充実している北欧は、昔から治安のよい地域だとされています。つまり、貧しい人にも援助の制度があり、犯罪を犯すような人がそもそも生まれにくいということです。
しかし地球の歩き方によれば、近年は「旧東欧からプロの窃盗団が増加し、都市部を中心に徐々に犯罪が増加している」とのこと。また、麻薬が社会問題にもなっており、治安のいい日本に住む私たちにとってはかなりの不安です。
実際に行ってみてどうだったのか、場所別に紹介します。なお、私が訪れた北欧各国(ノルウェースウェーデンデンマーク)で治安にあまり違いを感じられなかったので一緒に紹介します。

駅、列車内、バス、トラムなどの公共交通機関

観光客にとっては大事な足であり、必ず乗るであろう公共交通機関は、その地域に住む人々にとっても足であり、誰もが乗り降りできるため、スリなどの被害に合う可能性が高いです。

北欧の列車、特にスウェーデン(地下鉄)は時間帯によってはかなりの混雑具合でした。ほかの国と同様、リュックは避け、チャック付きのバッグをおすすめします。

ただ、駅構内や列車内は非常に静かで、治安の悪さは特に感じませんでした。長距離の特急列車にも乗りましたが、同様です。ただ、油断は禁物ですので気を引き締めましょう。

街中

f:id:traveleurope:20170928145952j:plain

街中、広場では何かの募金にような活動をしている人を多々見かけました。首から許可証のようなものをぶら下げていたので、許可を受けて正式に活動しているのかもしれませんが、

募金を装った詐欺(署名を求めた後金銭を要求するなど)はどの国でも見かけます(日本でも)。

興味がある方以外は近付かないまたは無視する様にしましょう。

また、道端ではコーヒーのカップを片手にお金を求めているホームレスをよく見かけました。基本的にホームレスはなにもしなければなにもしてこないのですが、一度だけただ道を歩いていたらなにやら大声で叫びながらお金?たばこ?を要求してくる人に出会いました。

無視をし続けることで振り払いましたが、突然のことだったので驚きました。そういうこともあるということを頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

また、都市部では夜中になると若者が騒ぎ出します(笑)。あまりいい雰囲気ではないので夜遅くはできるだけ出歩かないように。

ファストフード店、カフェなどの店内

北欧の中でも価格が安いファストフード店やカフェなどは治安が悪い場合があります。日本にいる感覚でカバンで席を取ったり、荷物を置いたままトイレなどにいくと置き引きにあう可能性が高いです。

少しの時間でも荷物から目を離さないようにしましょう。

フィヨルド観光

f:id:traveleurope:20170928145955j:plain

Norway in Nutshellを利用してソグネフィヨルドのツアー(ツアーといっても基本的に一人で行動)に参加しました。フィヨルドノルウェーの一大観光地かつ観光客がかなり多いのでかなり心配していました。大きなスーツケースもあったのですが、特に問題はありませんでした。

ただ、人はかなり多いので、スリには気を付けましょう。

まとめ

全体として、北欧は治安がいいと思います。

今まで、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、タイなどに行ったことがありますがこの中でも一番いいかもしれません。旅の終盤では慣れてしまい、日本にいるような感覚で行動してしまいました。

イメージとしては東京と同じくらいかちょっと悪いくらいの治安でしょう。
ただ、夜になると少し雰囲気が変わったり、スリの危険は時々感じたので、油断は禁物でしょう。

 

スポンサーリンク
 

 

北欧の記事はこちら

traveleurope.hateblo.jp

イタリアの治安についてはこちら

traveleurope.hateblo.jp